転移すると怖いがん【大腸がんの症状をしっかり把握して早期発見】

難聴の症状も

ドクター

聴神経腫瘍の治療方法等について

聴神経腫瘍とは、聴神経という神経に腫瘍が発生するという疾患になります。聴神経は脳から耳に向かって伸びている神経で、この神経に出来る腫瘍は脳に出来る腫瘍全体の内の10%を占めます。 難聴や耳鳴り等が起きている場合には、この聴神経腫瘍の可能性があります。そのため、速やかに耳鼻咽喉科で検査を受けるのが望ましいです。 病院での治療方法は状態等によって異なります。まだ腫瘍が小さい場合には、特に治療を行なわずに経過観察となる事が多いです。ただ、腫瘍がかなりの大きさになっている場合には、手術や放射線治療が行なわれます。どちらの方法を選択するかは、腫瘍の大きさや出来ている場所によって異なります。 病院での治療となると気になるのが治療費です。一般的には手術と入院費を合わせると、100万円程度かかってしまう場合もあると言われています。

具体的な症状等について

聴神経腫瘍が起きる原因は、現段階では明確になっていない部分が多いです。ただ種類によっては、遺伝が関係しているという事が分かっているものもあります。 聴神経腫瘍の代表的な症状としては、難聴や耳鳴りがあります。しかも片側だけに起こる事が多いという特徴があります。難聴に関しては徐々に進行していく場合が多いです。ただ、その進行スピードは個人差が激しいと言われています。数カ月で一気に進行する人もいれば、数年かけて少しずつ進行していく人もいるのです。 また、聴神経腫瘍は突発性難聴との見分けが重要なポイントになります。どちらも難聴になるという特徴がありますが、それ以外にも聴神経腫瘍の場合には、稀に顔面神経麻痺等の症状が起きる事もあります。

Copyright© 2017 転移すると怖いがん【大腸がんの症状をしっかり把握して早期発見】 All Rights Reserved.