転移すると怖いがん【大腸がんの症状をしっかり把握して早期発見】

検診方法を知る

胸元

乳がんは圧倒的に女性に多いがんとして知られています。乳がん検診などを医療施設で受ける事が可能なので定期的に検診を受けてがんに備えましょう。近年では若い女性の発症率も高くなっているので若いからといって油断してはいけません。女性の乳房は脂肪と乳腺と呼ばれる組織からなります。乳がんは乳腺と呼ばれる組織から発生するがんで、脂肪から発生する事はありません。一般的にがんと呼ばれる病気は細胞組織の異常が蓄積される事によって発生する細胞異常が原因です。そのため、細胞が活発な若い女性が乳がんになってしまうと進行も早いといわれています。がんが発生する乳腺ですが、乳腺は乳管と小葉にわかれます。乳管で発生するがんは90%とされていて、乳がんの多くは乳管から発生する乳管がんです。小葉から発生数するがんは乳がんの5〜10%とされていて、小葉がんとされています。

乳がんを発見するためには乳房に発生するしこりなどを確認する触診や最新の医療機器を利用して検診を行なっていきます。乳がん検診の際には問診、触診の際にある程度進行したがんが見つかる事が多く、問診や触診で初期がんが見つかる事はほとんどないでしょう。医療機器を使用した検診を行なえば、より正確に乳腺の状態を確認できるので初期がんを見つけるのであればマンモグラフィ検診や超音波検診などを受けてがんの有無を確認しましょう。乳がん検診の際に利用されるマンモグラフィ検診は広範囲の読影が可能となっていて、がんによる石灰化している段階の腫瘍を発見する事が可能となっています。しかし、マンモグラフィ検診の場合、乳腺の多い若い女性の場合、がんと乳腺の区別が難しいので若い女性に適している検診とはいえません。若い女性の場合、マンモグラフィ検診よりも超音波検診の方が適した検査方法だといえます。リアルタイムで検査が可能で、医師が機器を操作しながら結果を伝えてくれます。乳腺が発達していてもしこりを発見できるので、問診や触診で判断できなかった場合は万が一を考えて検査を受けた方が良いでしょう。乳がん検診には様々な検診方法が存在するので自分に適した方法を選択しましょう。

Copyright© 2017 転移すると怖いがん【大腸がんの症状をしっかり把握して早期発見】 All Rights Reserved.