転移すると怖いがん【大腸がんの症状をしっかり把握して早期発見】

初期段階は気づきにくい

カウンセリング

肺がんは、肺腺癌、大細胞がん、小細胞がん、扁平上皮がんなど様々な種類があります。肺がんの中で、最も多いのが肺腺がんです。男性よりも女性の発生率の方が赤く、男性の場合は40パーセント程度、女性は約70パーセント程度で、年々増加しています。肺がんというと、たばこを吸っている人がかかる印象がありますが、肺腺がんの場合は、喫煙との関係が薄いです。そのため、たばこを吸っていない人でも多く発症する病気です。肺腺がんの特徴は、初期の段階では自覚症状が全くないところです。そのため、発見が遅れることが多いです。進行してくると、長い間空咳をしたり、胸の痛みが続いたりします。肺の末梢に発症することが多いため、胸膜に影響を与えて胸水が溜まることも少なくありません。さらに進行すると、リンパ節に転移したり、遠隔転移を起こしたりします。このような状態になると、強烈な倦怠感、激痛などの症状があります。初期の段階は、自覚症状が全く無いので、早期発見しづらいのが特徴です。初期の段階で見つけるために、がん検診を受けることが大切です。

肺腺がんの治療として、優先的に行われるのが手術です。早期発見をすることができれば、手術を行うケースが多いです。肺腺がんが転移している場合は、放射線療法や化学療法などを行います。優先されるのは手術ですが、進行速度が早い場合は、最初から放射線療法を選択することもあります。全身にがんが転移している場合は、抗癌剤を使用した化学療法を行います。

Copyright© 2017 転移すると怖いがん【大腸がんの症状をしっかり把握して早期発見】 All Rights Reserved.